株式会社Geolocation Technology

News

「富裕層地域」「大学」「住宅着工数」ターゲティング可能な『バナージャック』 提供開始

株式会社 Geolocation Technology (本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下 Geolocation Technology)は、IP アドレスを解析しユーザー属性を特定する独自の技術「IP ジオロケーション」を活用し、 「富裕層地域」「大学」「住宅着工数」のカテゴリーでターゲティングをしたユーザーに限定したバナー広告配信が可能になった「バナージャック」の提供を、2018 年 9 月 12 日(水)より開始致しました。

Geolocation Technology は、インターネットユーザーの位置情報や企業情報等を IP アドレスから特定する、IP Geolocation の技術を有する国内唯一のテクノロジーカンパニーです。

2017年のネット広告媒体費は前年比117.9%となり、デジタル広告の市場は拡大し続けています。[1]しかしその一方で、「ネット広告=嫌われもの」とされ、嫌われない広告を運用するためにはユーザーインサイトに合わせたコンテンツを表示することが重要です。

この度、提供が開始された「バナージャック」は、IP アドレスからアクセスユーザーの位置情報や組織情報など様々な情報を取得可能な IP Geolocation(位置情報認識)技術を使い、「富裕層地域」「大学」「住宅着工数」ごとに細かくターゲティングされたユーザーに向け広告配信することが可能となりました。例えば、「富裕層地域」では世帯年収 1,000 万円以上の割合が多い地域のみに絞って広告が配信されます。
これまで、Geolocation Technology が提供するアドテクサービスは、ジオデータを紐づけたターゲティング手法が主に活用されていました。しかし、近年嫌われないデジタル広告運用のために様々なカテゴリでターゲティングできる技術が求められていることから、国内唯一の技術と外部データを紐づけた様々なユーザーデータを元にターゲティングすることで費用対効果の高いマーケティングを実現します。

今後も Geolocation Technology は、IP アドレスを核にした国内唯一の分析ノウハウを活用し、趣味思考など特定の条件を満たすユーザーへの配信など興味・関心に応じた広告配信が可能なサービスの展開を目指し、デジタルマーケティングにおけるターゲティングの精度向上に貢献致します。

1 出典:「2017年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0328-009505.html

pagetop