株式会社Geolocation Technology

News

「どこどこJP」と広告配信サービス「KANADE DSP」接続開始のお知らせ

IP Geolocation技術を核にしたソリューション開発を手掛ける株式会社Geolocation Technology(本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下「Geolocation Technology」)の提供する「どこどこJP」は、京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁)の広告配信サービス「KANADE DSP」との接続を2018年6月20日(水)より開始致します。

「どこどこJP」と広告配信サービス「KANADE DSP」接続開始

昨今、アドテクノロジーの領域は成熟化しつつあり、多くの企業のアドテク事業の参入によりこれまで以上にユーザーごとの興味・関心の分析が求められ、オーディエンスターゲティングがより重要視されています。さらに最適なユーザーへ広告を届けるためにはより緻密なターゲティング手法が求められます。

国内唯一の分析ノウハウであるIP Geolocation技術を導入した本サービスの接続開始により、KANADE DSPにて詳細な企業属性を用いた企業ターゲティングや、回線種別ターゲティング、エリアターゲティング、高精度なオーディエンスターゲティングが可能となります。KANADE DSPのオーディエンスターゲティングである「プロファイルターゲティング」メニューにおいて、特にB to B向けのターゲティングでの効果的なブランド認知、サイト集客を実現致します。

今後もGeolocation Technologyは、進化するデジタルマーケティングの領域においてIPアドレスを元にした国内唯一の分析ノウハウを活用し、日本で未だに流通が少ない位置情報を元にしたにマーケティングツールの開発に貢献致します。

「KANADE DSP」について

京セラコミュニケーションシステム株式会社が提供する広告配信サービス「KANADE DSP」は、ユーザごとの興味・関心に合わせて広告を配信する「パーソナライズリターゲティング」、潜在顧客を抽出し自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」、狙ったセグメントへの認知・関心を促進する「プロファイルターゲティング」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信を可能とするサービスです。従来のリターゲティングではリーチできなかった広告主様サイトとの親和性が高い、興味・関心層(潜在顧客)に広告を配信し、優良顧客の獲得に貢献します。

URL:https://www.kccs.co.jp/kanade/dsp/

pagetop