このサイトは機能実現・改善のためにCookieを利用します。プライバシーポリシー

Cookie 無効化

閉じる

全従業員を対象にテレワークの常態化と業務環境整備費⽤の⽀給を決定

当社では、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡⼤によるリスク軽減と従業員およびその家族、ならびに関係者の皆様の安全確保を⽬的に、2020 年3 ⽉2 ⽇(⽉)からテレワークを推奨し、2020 年3 ⽉30⽇(⽉)からは全従業員を対象に原則テレワークを実施しています。この度、2020年4⽉30⽇(⽊)までとしていたテレワーク実施期間を、2020年6⽉30⽇(⽕)までの延⻑とし、2020年7⽉1⽇(⽔)以降、新型コロナウィルス収束後もテレワークを前提とした働き⽅改⾰を⾏うことを決定いたしました。

テレワークの実施にあたり、⾃宅のインターネット環境や社内サーバーへのアクセス、オンラインMTGだけでは周囲の状況がわかりにくいなどの課題がありましたが、実際にテレワークの実施により想定されていたほどの業務への⽀障がなく、⼦どもたちの休業に伴い家族との時間が増えた、通勤時間や移動時間の削減により仕事の効率化やプライベート時間が確保でき⼈⽣が充実したなど、ワークライフバランスのメリットもみえてきました。しかし、机や椅⼦、インターネット環境など、⾃宅がテレワークに適した環境でないという問題も上がってきました。そこで、今後のテレワークを少しでも快適に⾏うことを⽬的とし、業務環境整備費⽤として⼀律10,000 円を4 ⽉分の給与にて⽀給することにいたしました。

今後、テレワークを前提とした働き⽅を実施するため、必要な設備への投資を⾏い、オフィスのあり⽅についても検討します。社内外を問わず今まで以上にコミュニケーションを取る⽅法や、今まで以上の成果を上げていくことを重要課題とし、今までの⽅法にとらわれることなく取り組んでまいります。

▼全従業員を対象にテレワークの常態化と業務環境整備費用の支給を決定(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000023824.html

一覧へ戻る