株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

3.2.4 IPアドレスの値段

IPアドレスに「値段」が付く?

IPアドレスに「値段」がつけられたという有名な例として、2011年にNotel社とMicrosoft社の間で行われたIPアドレスの移転があります。

経営が破たんしたNotel社は、約66万個のIPv4アドレスを競売に掛けました。これをMicrosoftが750万ドルという値段で落札したのです。単純計算で、1つのIPアドレスが11ドル強ということになります。 この出来事がIPアドレスの「資産的な側面」、IPアドレスの「値段」にとってのベンチマークの一つとなりました。

現在、アメリカではIPアドレスの売買がひとつのビジネスとして成り立っています。
IPアドレスの競売

まとめ


  • IPアドレスに「値段」がつけられた事例として、Notel社とMicrosoft社の間で行われたIPv4アドレス移転がある。

ページの先頭へ