株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

1.2.9 動的IPアドレス・静的IPアドレス

2種類のIPアドレス

コンピュータをインターネットに接続しようとする場合、コンピュータにIPアドレスを割り当てなければいけません。「住所」がなければ手紙が届かないのと同様に、IPアドレスがなければインターネット上の位置を他のコンピュータに伝えることができず、通信ができないのです。
IPアドレスは、わたしたちが加入しているISP(インターネットサービスプロバイダ)によって各々のコンピュータに割り当てられます。
ISPが利用者に割り当てるIPアドレスには、大きく分けて「動的IPアドレス(変動IPアドレス)」と「静的IPアドレス(固定IPアドレス)」の二種類があります。

動的IPアドレス(変動IPアドレス)とは

動的IPアドレス(変動IPアドレス)とは、ISPが利用者に一時的に割り当てるIPアドレスです。 ISPが保持しているIPアドレスのうち、空いている(接続に利用されていない)IPアドレスが順次割り当てられていくため、接続するたびにIPアドレスが変わります。さっきまで別の人が使っていたIPアドレスを今度は自分が使うということも珍しくありません。 家庭用に提供されるインターネット接続サービスを利用する場合、特別なオプションサービスなどを利用しない限り、一般的には動的IPアドレス(変動IPアドレス)が割り当てられます。
IPアドレスの表記のしかた

静的IPアドレス(固定IPアドレス)の場合、切断と再接続を行っても常に同じIPアドレスが割り当てられます。割り当てられたIPアドレスは自分のみ利用することができ、他人が同一のIPアドレスでインターネットに接続することはできません。
静的IPアドレス(固定IPアドレス)はオプションサービスという位置づけで提供されることが多く、一般的に動的IPアドレス(変動IPアドレス)に比べて利用料が高額となります。一方で、静的IPアドレス(固定IPアドレス)でしかできないことも色々あるため、IPアドレスの利用目的を明確化して選択することが大切です。
IPアドレスの表記のしかた
静的IPアドレス(固定IPアドレス)でできることについては、「1.2.10 固定IPアドレスだとできること/独自ドメイン」「1.2.11 固定IPアドレスだとできること/VPN」「1.2.12 固定IPアドレスだとできること/NAS」で詳しくご紹介します。

まとめ

  • ISPが割り当てるIPアドレスには、「動的IPアドレス」と「静的IPアドレス」の二種類がある。
  • 動的IPアドレスの場合、接続するたびに違うIPアドレスを割り当てられる。
  • 静的IPアドレスの場合、接続をし直しても常に同じIPアドレスを割り当てられる。

ページの先頭へ