株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

4.3.3 上場区分ごとのIPアドレス数は?

上場企業情報と網羅性

弊社のIPアドレスデータベース「SURFPOINT™」は、企業情報の一つとして「上場区分」という項目を設けています。
網羅性に関しても、東証一部・マザーズに関してはほぼ100%、東証二部・JASDAQ上場企業に関しても9割弱を網羅しています。
地方市場に関しては全数の把握が難しく、割合を算出することができていません。

上場企業数と区分ごとのIPアドレス数

まずは、「SURFPOINT™」に掲載のある上場企業数そのものを見てみます。
ホスト名(ドメイン名)に含まれる手掛かり

内訳をみると、企業数ベースでも半数以上が東証一部上場企業が占めています。また、JASDAQに上場している企業も800社以上を掲載しており、次いで大きな割合を占めます。

では、業種区分ごとのIPアドレス数を見てみましょう。

ホスト名(ドメイン名)に含まれる手掛かり

全体の8割以上を東証一部上場企業が占めています。非上場企業のIPアドレスを合算したとしても、3割弱を東証一部上場企業が占めることからも、上場区分によるIPアドレス数の偏りがいかに大きいかがわかります。
■表(上場区分ごとの掲載企業数・IPアドレス数)はこちら

* 2013年7月に東京証券取引所・大阪証券取引所が統合されました。現在のデータでは、大阪証券取引所に上場している企業に対しては「地方上場」と判定されていますが、今後修正が行われる予定です。

まとめ


  • SURFPOINT™では、「上場区分」という観点から企業判定が可能。
  • 東証一部上場企業が多くのIPアドレスを持っている傾向がある。

ページの先頭へ