株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

6.5.2 広告配信の基礎用語

インターネット広告で使われるさまざまな略語

CPCやKPI…よく耳にするインターネット広告関連の略語です。はじめて広告配信に関わる人や始めたばかりの人は、こうした略語や専門用語の多さに戸惑うかもしれません。そこで、今回はよく使われる基本的な用語の意味をおさらいしてみましょう。

インターネット広告の基本用語

CV(Conversion)「コンバージョン」
日本語では転換率とも呼び、会員登録や購買など、成果そのもののことを指します。
CVが発生した数を「CV数」と呼びます。
LP(Landing Page )「エルピー」「ランディングページ」
ユーザが最初に訪れるページのことです。検索エンジンの検索結果のリンク先ページや広告のリンク先ページには、より成果を上げるためにLPO(Landing Page Optimization ランディングページ最適化)が行われることが多いです。
Imps(Impression)「インプレッション」
特定の広告が表示されることや、表示回数のことを指します。
インプレッションの計測方法には、広告配信サーバ(アドサーバ)へのリクエストをカウントする方法や、広告内に埋め込まれたWebビーコンが表示された回数をカウントする方法があります。
PPC(Pay Per Click)「ピーピーシー」
「クリック課金型」とも言われる、インターネット広告の課金方式の一つです。クリックが行われるたびに費用が発生することです。代表的なものにリスティング広告があります。

広告配信の結果・成果指標

CVR (Conversion Rate) 「コンバージョンレート」
コンバージョン率。
計算式:コンバージョン数÷クリック数
CTR(Click Through Rate)「シーティーアール」
クリック率。広告がクリックされた頻度を表します。
CPA(Cost Per Action もしくはCost Per Acquisition)「シーピーエー」
顧客獲得単価。実際の利益につながる成果を1件獲得するのにかかるコストのことです。 低ければ低いほど広告の費用対効果が高いとみなされます。
計算式: コスト÷コンバージョン数
リスティング広告の場合、コストは「平均CPC×クリック数」とほぼ等しい。
CPC(Cost Per Click)「シーピーシー」
1クリックあたりの広告料金。クリック課金型の広告そのものを指す場合もあります。
計算式: かかった広告費÷クリック回数
CPM(Cost Per Mille)「シーピーエム」
インプレッション単価。広告が1000回表示される際の金額。
CPI(Cont Per Impression)と呼ばれる場合もあります。
eCPM (effective Cost Per Mill ) 「イーシーピーエム」
広告1000回表示またはアクセス1000ページビューあたりの収益額。
計算方法: eCPM = 収益額 ÷ 広告表示回数 × 1,000
CPO(Cost Per Order)「シーピーオー」
注文に対してどれだけコストが掛かったかという指標
計算方法: CPO = 広告表示のための総コスト÷ 注文数
CPI(Cost Per Inquiry)「シーピーアイ」*1
資料請求に対してどれだけコストが掛かったかという指標
計算方法: CPI= 広告表示のための総コスト÷ 資料請求数

下図は、広告の表示~流入~コンバージョンまでの流れと、それぞれの場面で成果指標として使われる主な指標を図化したものです。良く似た言葉が頻出するのではじめは混乱しますが、それぞれの意味を理解することで、広告の効果や改善点をより良く理解できるようになります。
広告の流れと成果指標

*1 前述のとおり、CPIは「Cost Per Impression」を指す場合もあります。
これに限らず、広告用語は場面・文脈・組織などによって異なるものを使う場合もあり、必ずしも統一されていません。
同一の略称で違うものを指す場合や、同一のものに対して違う略称を用いる場合もあります。

ビジネス全体の指標

KPI(Key Performance Indicator)「ケーピーアイ」
ビジネス一般に幅広く利用されるパフォーマンスを定量的に評価するための指標。費用対効果や実績の見直しなどに利用されます。
ROAS(Return On Advertising Spend)「アールオーエーエス」
広告主が利用する支払った広告コストに対しての売り上げがあった回収率を示す指標。ROASが100%に満たない場合、広告コスト以上の売り上げを立てられなかったということになります。
計算方法: ROAS = ( 売り上げ ÷総コスト ) × 100
ROI(Return On Investment)「アールオーアイ」
投資利益率。広告主が利用する支払った広告コストに対しての利益の費用対効果の指標。ROIが100%に満たない場合、費やした広告コスト以上の利益を得ることができなかったということになります。
広告コストだけでなく、ビジネス全体の成果指標としても使われます。また、そのような場合は広告費用だけではなく製造原価や人件費などの全てのコストを含めて考えることもあります。
計算方法: ROI = ( 利益 ÷ 総コスト ) × 100

ページの先頭へ