株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

6.4.2 ネットバンキングでの認証

ネットバンキングでの認証

ネットバンキング(ネットバンク、オンラインバンキングとも)はますます私たちにとって身近なものになっています。一方で、誰もがアクセスできてしまうインターネット上で金銭を扱うという点から、強固な認証技術・セキュリティ技術が求められています。

アカウント作成時の不正を発見する

オンラインで口座を開設できるような仕組みを設けている場合は、個人情報を偽った不正な口座が開設される恐れがあります。このような種類の口座は、振り込め詐欺の入金口座などの不正な目的で使用される可能性が高く、入念な対策が必要とされます。
そこで活躍するのがIP Intelligence技術です。例えば、東京の住所で申し込んだユーザが、中国からのアクセスだったら…なにかおかしいな、と感じられるかと思います。このような、IPアドレスからわかる情報と入力情報との乖離を目印に、リスクの高い口座開設を検知することが可能です。
IP Intelligenceによる不正な申込みの防止
その他にも、「プロキシサーバを経由して、意図的にアクセス元を隠匿しようとするユーザ」「特定の高リスク地域からの申込み」等、IPアドレスから判定できるリスクは多様です。

IP Intelligenceと認証技術

第三者による不正なログインを防止し、認証情報が流出したときでもユーザを守ることができるのが、IP Inteligence技術の特徴です。 認証とは、「本人だと証明できる情報を提示すること」と言い換えることができます。それはカード番号だったり、IDとパスワードの組み合わせだったり、指紋や虹彩などの身体的特徴であったりしますが、それらとIPアドレスからわかる情報を組み合わせることで、認証をよりいっそう強固なものにすることができます。 IPアドレスを使ったユーザの認証技術に関しては、「6.4.4 Fraud detection」で詳しく取り上げます。

まとめ


  • ネットバンキングには、強固な認証技術・セキュリティ技術が求められている
  • IPアドレスと申し込み情報の不一致を目印として、不正口座開設のリスクを判定できる。
  • IPアドレスによって第三者による不正なログインを防止することができる。

ページの先頭へ