株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

  • サイトマップ
  • お問合せ

広報誌 CAR Navigation


広報誌 CAR Navigation vol.1

広報誌 CAR Navigation vol.1 PDFダウンロード(5.0MB)



広告配信システム【CONDUCTOR LCO】の重要性

株式会社アクシイズ様では広告配信システム【CONDUCTOR】を開発、販売しております。
中でも【CONDUCTOR LCO】に弊社の「SURFPOINT-AD」を導入していただいております。
「SURFPOINT-AD」の導入により地域別セミナー告知や店舗検索など,エリア別に最適なコンテンツを配信することができました。


 広告配信システム【CONDUCTOR】はどのような広告配信システムですか?

 広告配信システム【CONDUCTOR】は、サイトを訪れるユーザーひとりひとりに対し、最適化された広告を配信することができるリッチメディア広告配信システムであり、gifアニメやFlashバナー、フローティング、動画など様々なファイルフォーマットに対応し、サイト閲覧者の属性に応じてコンテンツを的確に切り替えることができます。
また、フローティングを応用したコンテンツ配信は、独自の特許技術も活用しており、検索キーワードなどに応じた適切なコンテンツをサイト上の既存コンテンツに被せるかたちで任意のサイズ、レイアウトに広告掲載することが可能です。
【CONDUCTOR LCO】とは(Landing Contents Optimization)の略でサイトを訪れるユーザ―ひとりひとりの目的や行動に応じて、最適なコンテンツに自動的に差替えて配信します。
 ユーザーのニーズに応じて情報を配信することで、サイトの離脱率を飛躍的に改善し、的確にコンバージョンへと結びつけるASP型のLPOサービスです。
コストをかけて集客したにもかかわらず、サイトを訪れたユーザーがすぐに直帰してしまうなど、思うように費用対効果が上がっていないということを解消するためにユーザーのニーズに応じて最適なコンテンツを配信することで、サイトの離脱率を飛躍的に改善し的確にコンバージョンへと結びつけることが目的です。
 また利点としては、今まで「全体ブランド」と「個別訴求」のバランスを実現することが難しかったトップページを、その両方を兼ね備えたランディングページとして有効に活用できたり、もちろん階層化のページへの即時対応も可能なので、ユーザーに積極的にコンテンツを紹介することができ、コストも低く費用対効果も高い点が特徴です。


 広告配信システム【CONDUCTOR】を開発した経緯は何でしょうか?

 2001年当時重いコンテンツを見せられたり、自分の欲しい情報がすぐに取得できませんでした。自分が欲しい情報のキーワードで検索してもなかなか欲しい情報がダイレクトに検索結果として表示されませんでした。
 インターネットですぐに自分の検索情報を取得したいという要望が強かったため,どうすれば自分の検索キーワードで情報を抽出,表示できるのかと考え、コンテンツを自由に配信できる広告配信システム開発しようと思いました。
 2001年にシステムの特許取得後2004年にこの技術をベースに【CONDUCTOR LCO】の商品を開発しました。


【CONDUCTOR LCO】を導入している事例を教えてください。

 株式会社ファンコミュニケーションズ様でA8.net広告主向けにLPO(ランディングページ最適化)サービス「A8LPO」で利用されています。広告のリンク先ページを最適化することでコンバージョン率をアップすることを目的としています。

 SURFPOINTを導入しようとしたきっかけは何でしょうか?

 弊社のSURFPOINTは2000年当時から知っていました。いずれはニーズに応じて地域配信も考えていました。地域回線別配信の要望があり、今年の7月よりSURFPOINTを導入しました。


 今後の展開としてはどのような考えでいらっしゃいますか?

 広告代理店または利用者のいろいろなニーズに対応していきたいと思っています。大手企業から町の商店まで全てのお客さまに利用してもらいたいですね。これから多くの実績を積んで広告代理店または利用者のニーズに対応した商品を開発していきたいと思っています。
また現在【CONDUCTOR LCO】でサービスを展開しています。LPOだけでは実現しにくい細かい対応を、LCOの利点である小回りの良さを活かしたサービスを展開していく方針です。
またサーバーの台数増加も考えています。数十台レベルに増やしていく予定です。ハードウエアの増強やそれに伴い,緊急時の対応やトラフィックの増加に対応していきたいと思っています。
モバイル広告配信においては今秋対応予定しています。
今後は、 市町村単位の地域レベルで広告を配信していきたいと思っています。
そこで御社の【SURFPOINT】も市町村レベルまで地域認識できるようになれば、市場拡大にもつながりニーズも高くなっていくと思います。
また業界でNO1ベンダーを目指していきたいですね。


今後、自社販売か代理店販売かどちらで販売していく予定ですか?

 現在代理店は20社以上あります。LCOは通常のコンテンツ配信のみならず、リッチメディア表現を得意とする独自の特許技術も含んでおりますので販売に関しては、自社で十分な説明をした上で販売活動を行なっていきたいと思っています。


今後弊社に対する要望としてはどのような要望がありますでしょうか?

 市町村レベルまで地域認識して広告を配信できないかとユーザーからのニーズがあるため,県単位ではなく市町村レベルで判定して欲しいですね。
またコンシューマー向けとしまして顧客開拓という商品があります。顧客開拓もこれから市場のニーズが強くなってくると思います。
御社のデーターを最大限に生かせるよう協力して商品を提供していきたいですね。



 今回アクシイズ様に実際にお話を伺いまして,広告配信システムにおいて従来のLPOよりLCOという新しい広告配信システムの重要性を改めて実感しました。

 またユーザーの細かいニーズに対応していくよう弊社も、データー精度の向上もしくは,市町村レベルまで今後判定ができるようになり、市場の拡大に貢献できればと思いました。

アクシイズ様の広告配信システム【CONDUCTOR LCO】の今後のご活躍を祈念いたします。

今回はお忙しい中インタビューに対応していただきありがとうございました。



ページの先頭へ戻る