株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)

株式会社Geolocation Technology

  • サイトマップ
  • お問合せ

広報誌 CAR Navigation


広報誌 CAR Navigation vol.1

広報誌 CAR Navigation vol.1 PDFダウンロード(5.0MB)



インターネット広告におけるエリアターゲティングの重要性

ロックオン様では、広告効果測定システム「アドエビス」を開発・販売しております。 このアドエビスのエンジンに、弊社の「SURFPOINT-Enterprise」を導入していただいております。
SURFPOINT-Enterpriseの導入により、今までは難しかったクロスメディア施策におけるエリアマーケティングを容易に行い、広告の投資効果を最大化する事ができるなど今までにはないWebマーケティングが可能になりました。
またロックオン様はEBiS API(β版)を公開しており、EBiSの管理画面でご利用頂いていた、広告効果測定データ・アクセス解析情報を他システムから利用することができます。これにより高度なインターネット広告の効果測定を可能にし、さらなる市場の拡大を目指しています。


広告配信におけるエリアターゲティングの重要性


アクセス解析ツールと広告効果測定システムの違いを教えていただけますか?

 「アクセス解析」と「広告効果測定」を混同されている方が非常に多いですね。
「アクセス解析」は、ウェブサイトの閲覧状況を確認することを目的としたものですが、「広告効果測定」はインターネット広告の効果を測定することを目的としたシステムです。そもそも目的が大きく異なりますので、求められる機能も全く異なります。
具体的には、まずは「精度」。アクセス解析では、ある程度の傾向をつかめれば良いですが、広告効果測定では、1件の成約数の有無によって、成約率が大きく変わってきますので、極めて高い精度が求められます。
次に「リアルタイム」に分析ができること。広告メニューの多くは1~2週間など短い期間しか掲載されません。この間に、何度も検証と改善を繰り返すためには、リアルタイムな検証が不可欠となります。これに対して、アクセス解析では、1日1回しか更新されないことが多く、改善サイクルを回すことができません。
最後に「豊富な分析機能」。広告毎の成果獲得単価(CPA:Cost Per Action)など、広告に特化した効果指標が必要です。当然、アクセス解析には、ありません。


広告測定システムの中で、アドエビスの特徴を教えてください。

 はじめて使う人でも、「かんたん」に操作できること。正しい意志決定を支えるために「正確」であること。初期費用無料・月額1万円~の「低価格」であること。この3つが特徴です。


アドエビスには、他にどのような機能がありますか?

 アドエビスには、オプション機能として、ランディングページの効果を測定する「LPOオプション」と、ウェブサイトの効果測定を行う「アクセス解析オプション」があります。
特に最近、LPOは広告効果を高めるためにも、不可欠な要素となっていますよね。
「LPOオプション」では、ひとつの広告からの遷移先を複数設定し、効果的なランディングページを見つけ出し、最も効果的なランディングページに遷移させることによりコンバージョン率のUPを目的としています。
ランディングページを生成する際には、行動ターゲティング(ABテスト)などが広く用いられますが、「LPOオプション」では、ABテストだけではなく、アクセスユーザーのIPアドレス位置情報(地域)を切り口として、エリアターゲティングを用い、ランディングページの最適化を計ることも可能です。
このエリアターゲティングの基礎データとして、「SURFPOINT-Enterprise」を採用させていただいております。


SURFPOINTの採用の決めてを教えていただけますでしょうか?

 実は、初期は自社でIPアドレスを調査していたことがあったのですが、すぐに限界を感じました。(笑)それで、ネットで検索して、サイバーエリアリサーチの「SURFPOINT」を知りました。
いろいろと調べてみると、国内で唯一のIPGeolocation Data Base提供企業として実績もあり、データ精度においても国内は勿論海外からも高い評価を得ておられることもわかり導入を決めました。


SURFPOINTについて、お客様の反応はいかがですか?

 まだ、リリースして間もないですが、やはり地域別にランディングページを表示させる機能は、反響が大きいですね。 特に、不動産業界やスクールなど、地域に密着したサービスを全国的に展開されている企業様には、非常に重宝いただいております。


最後に、今後の豊富をお聞かせください。

 拡大するネット広告にあって、効果測定システムは十分に活用されているとは言えません。リーディングカンパニーとして、より魅力的な製品を開発し、効果測定の認知度を高め、企業のマーケティング活動を支援していくことに全力を上げたいと思っています。



本日はお時間を頂き貴重なご意見を聞くことができました。
CARとしても、広告効果測定に特化したサービスを提供している ロックオン様の今後の動向に注目し協力できればと考えております。
どうもありがとうございました。



ページの先頭へ戻る